マユテックス/超速消臭寝具

Home



消臭敷き布団カバー
 
シングル

ダブル

消臭掛け布団カバー

シングル

ダブル

消臭シーツ

シングル
マルチカバーとしてご利用頂けます。

消臭ベットBox型シーツ

シングル

セミダブル

ダブル

クイーン

消臭枕カバー/ピロケース

43cm×63cm



OEMのご案内

特約店募集



超速消臭寝具マユテックスの製造工程


超速消臭繊維マユテックス



空と海と神戸の工房/神戸マイスター協会

工楽松右衛門帆布

誕生秘話

開発までの経緯

1.平成17年4月頃より、姫路本町68番地事業協同組合内・道満研究所を中心に、関係企業・研究者が、消臭効果が半永久的に機能を発揮する綿糸(繊維)を開発するプロジェクを立ち上げる。

(※綿にこだわった理由は、江戸時代姫路を中心とする播磨地方は木綿の一大生産地で「姫玉」と呼ばれる全国ブランド品でした。また、帆布の発明も姫路からです。さらに、播州織も綿を中心として織られています)

2.平成18年頃3月頃には、超速消臭効果、半永久仕様の綿糸を完成させる。

3.同年4月、消臭綿糸を織布するために染色、完成した織布にシルケット加工などの後加工を施すと急激に消臭効果が後退し、プロジェクトは暗礁に乗り上げ休止状態となる。

4.平成19年1月頃より、関係者の一人が親の介護をはじめる。その後、他の関係者も同様に家族の介護に従事するようになる。

5.平成20年4月 同組合は経済産業省の補助事業により、帆布製品の開発をはじめる。開発に絡んで神戸のケミカルシューズ業者の協力(縫製・デザイン等)を求める。

6.平成20年7月 播州織の関係者が新たな播州織の可能性を研究する「新播州織総合研究所」を設立 ひのきの香りのする糸を開発 ひのきジーンズなどを発表。

7.平成21年1月 介護を行う関係者等、親の介護状態が進む中、消臭綿糸の研究再開。

8.平成21年5月 同組合はケミカルシューズ関係者の協力を得て帆布製品の開発を完成させる。読売新聞・毎日新聞・NHK・読売テレビ等に紹介される。

9.平成22年1月 阪神淡路大震災より丸15年目にあたり、ケミカルシューズの工房、デザイナーなどが中心となり「神戸マイスター協会」を立ち上げケミカルシューズ以外の商品開発に着手。

10.       同年2月 同協会が神戸新聞に紹介されると、同研究所よりデザインや縫製の技術協力の要請があり、初めて二団体が出会う。

11.       同年2月 同協会の紹介で、三団体の関係者が神戸で出会う。今後、兵庫県下のファッション関連団体として連携協力することを確認する

12.       同年3月 同組合が、同研究会に消臭糸の研究(染色等の後加工について)に協力要請を行い、三団体による研究がスタート。

13.       同年6月 失敗を繰り返しながらも消臭綿糸を染色し、織布にしてシルケット加工などの後加工を行っても、独自の化学処理をすることで機能がまったく落ちない消臭綿糸を完成させる。100回以上の洗濯を繰り返しても消臭機能は落ちない事も確認。

14.       20番から60番手の5種類の太さ(数字が小さいほど糸は太い)のマユテックス綿糸を開発。

15.       同年6月 関係者の多くが介護という課題を背負っての開発であったため、第一段目の開発商品は、「介護にも役立つ商品つくり」として消臭綿糸マユテックスを使用した超速消臭寝具つくりを発案。

16.       同年11月 組合が開発を断念しかけた消臭綿糸の開発を、同研究会が消臭綿糸を染色し播州織に仕上げ、同協会がデザインと縫製を担当し、超速消臭寝具マユテックスとしてその開発に成功した。寝具は、(布団カバー、ベッドカバー、枕カバー等)8種類。色は淡いピンクと淡いグリーンの2種類。

連絡先
姫路本町68番地事業協同組合内道満研究所
電話079−281−6385
〒670-0012兵庫県姫路市本町68番地

企画・製造・販売

神戸マイスター協会  ・  姫路本町68番地事業協同組合    新播州織総合研究所